柳原白蓮-やなぎはらびゃくれん

この記事は約1分で読めます。

柳原伯爵の二女として明治18年に生まれ、女流歌人としても有名。

その美貌と豪華な生活から「筑紫の女王」と言われた。

2度の離婚後、宮崎竜介に走ってから、無産者開放を叫び、平和運動に興味を持つようになる。

昭和42年没。

歌集には「踏絵」「幻の華」などがある。

 

いつも最後までお読みいただきありがとうございます。

今後ももっと福岡・博多の情報を載せていこうとおもっております。

応援や叱咤激励も受け付けておりますので何卒宜しくお願い致します。