ショートカットキーの設定/MT4でチャート分析の時間を3分の1にしたツール

この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

おすすめのショートカットキー設定ツール

私はこのツールを使って確実にチャート分析の時間が1/3以下になりました。

利用させていただいているツールは

とあるMetaTraderの備忘秘録さんの『Accela2e』を使います。

上のリンクからダウンロードしてください。

Accela2eのショートカットキー一覧

キー操作
A自動スクロールのon/off
CCrosshair(十字線)【Ctrl+F】
Eテキスト
Fフィボナッチ・リトレースメント
H水平線ライン
L左価格ラベル表示
P右価格ラベル表示
Sチャートの右端移動
Tトレンドライン
V垂直ライン
F5チャートの更新
Win+D矢印の全削除
1~9時間足の変更
Ctrl+(1~9)時間足の一括変更
Win+Eexpertsフォルダを開く
Win+ BMT4を再起動する
Win+ SStop one EA(Uncheck Allow Live Trading)
Win+ HMeta Traderを隠す/戻す
;チャートの拡大
menuチャートの縮小
変換 Ctrl + Shift +TAB
無変換Ctrl + TAB

Accela2eのキー機能一覧

キー機能
-チャートを縮小
+チャートを拡大
チャートを右にスクロール
チャートを左にスクロール
チャートを左に素早くスクロール
チャートを右に素早くスクロール
Homeチャートの一番古い時間(左端)に移動
End一番新しい時間(直近)の場所に移動
Page Upチャートを左に速くスクロール
Page Downチャートを右に速くスクロール
F1MetaTrader4のUserguideを表示
F2ヒストリーセンターを表示
F3グローバル変数を表示
F4Meta Editorを表示
F6バックテスト機能を表示
F7EA利用時にプロパティーを表示
F8チャートのプロパティを表示
F9注文の発注を表示
F10気配値をポップアップ表示
F11チャートをフルスクリーン表示
F12チャートを1本ずつ左に動かす
Shift + F12チャートを1本ずつ右に動かす
Shift + F1カーソルに?を表示し、クリックするとヘルプ画面を表示
Alt + 1バーチャートに切り替え
Alt + 2ロウソク足に切り替え
Alt + 3ラインチャートに切り替え
Ctrl + Dデータウインドウを開きます。
Ctrl + E自動売買を開始・停止できます
Ctrl + Fカーソルを十字カーソルに変更
Ctrl + Gグリッド線の表示・非表示を切り替え
Ctrl + Hチャートの左上の通貨ペア、寄付、終値、高値、安値を消す
Ctrl + Iインディケーター利用時にインディケーターボタンをボックスを表示
Ctrl + Lボリュームの表示・非表示を切り替え
Ctrl + M気配値表示・非表示を切り替え
Ctrl + Nナビゲーターの表示・非表示を切り替え
Ctrl + Oオプション画面を表示
Ctrl + P印刷画面を表示
Ctrl + RStrategy Testerの表示・非表示を切り替え
Ctrl + S選択したチャートをデータとして保存
Ctrl + Tターミナルの表示・非表示を切り替え
Ctrl + Wチャートクローズ
Ctrl + F4 チャートクローズ
Ctrl + F6表示中の別のチャートを選択

全て使いこなす必要はありません。

今まで MT 4のツールバーを行き来させて行なっていた作業が

ショートカットキーを押せば一発で行えます。

わざわざ ツールバーを行き来しなくてもよくなります。

Accela2e.exeの自動立ち上げ方法

上でダウンロードを行なった「 Accela2e.zip」 

を解凍して下さい。

zipファイルのフォルダー中は

  • Accela2e.ahk
  • Accela2e.exe
  • ショートカットキー一覧.xlsx

が入っています。

万一、解凍ソフトをお持ちでない場合は

特にこだわりがない場合は、

  • Bandzip
  • 7 ZIP

などの新しめの無料の圧縮解凍ソフトをダウンロードしてください。

ちなみに私は、「 Bandzip」を使用しています。

※ 「 WinRAR 」や「 Winzip」などは昔から有名ですが、

   日本語対応していないなど現在に適応していない場合があります。

  きちんと日本語対応している 「 7 ZIP 」お勧めします。

解凍先は 、わかりやすくデスクトップ上がいいと思います。

ブルーのアイコンの「 Accela2e.exe 」 を選択して 

右クリックでメニューが開きます。

 メニューの中のコピーを選択し、クリックします。

スタートアップに登録

パソコンを立ち上げる度に毎回毎回このソフトを立ち上げるが

面倒なので、ここではパソコン起動と同時に自動で

「 Accela2e 」が立ち上がるようにスタートアップの設定を行います。 

まず、 

パソコンの左下、 Windowsマークを右クリック

「ファイル名を指定して実行」を選択

ウィンドウが立ち上がるので、名前の空欄に

「 Shell:startup 」

と入力して、「 OK  」を押してください。 

すると、

フォルダが立ち上がるので、

フォルダ内の白い部分で右クリックして貼り付けてください。

これで無事に、Accela2eスタートアップメニューに登録されました。

私の場合は、デスクトップ上におきたかったので

 「 Accela2eのショートカット」

  を作成して、スタートアップメニューに登録しました。

 方法は、青いアイコンのAccela2eを右クリックから

 ショートカットの作成を選んで、一旦、ショートカットをデスクトップ上に保存し

 今まで説明したやり方でスタートアップフォルダーにコピーしました。

スポンサーリンク

私がよく使うショートカットキーの動画説明

ショートカットキーの設定/MT4でチャート分析の時間を3分の1にしたツール
ショートカットキーの設定/MT4でチャート分析の時間を3分の1にしたツール

まとめ

Accela2eの機能を使ってショートカットキーの設定することで

常に、チャートを開いて分析をしている方にとっては、

時間短縮できる便利なツールだと思います。

少しでもマウス操作やボタンを押す作業によるストレスをなくし、

快適にトレードを行なってはいかがでしょうか。