布団干しの頻度-頻度や時間は種類ごとに異なるおすすめの方法とは

この記事は約9分で読めます。

最近、よく熟睡できない。
年齢のせいか、眠りが浅いような気がする。
ベットのかたさが合っていないのか、布団が合っていないのか。

できるだけ質の良い睡眠をとりたいので、
自己投資と考え、高級羽毛布団の購入を決断した。

できれば毎日、日光に布団を干してふかふかの状態で眠りたい。

「あまり布団干しの頻度が多いと傷んでしまいますよ。」

と店員さんから注意を促された。

布団の種類によっての布団干しの頻度や取り込み時間

人間は睡眠中、コップ一杯の汗をかくと言われ
カビや臭い、ダニが繁殖する原因になる。

布団をずっと敷いたままにせず、
カバーやシーツをこまめに洗濯することが大切だ。

布団を日に当てればふかふかになり、消臭、殺菌される。

布団干しの頻度や取り込み時間

 

毎日、布団を干しをした方がよさそうだが、

「干し方を間違えると布団の寿命を縮めるそうだ。」

せっかく買った羽毛布団だからなるべく長く使いたい。

例えば、羽毛布団は、水鳥の羽からできている。

羽毛布団は、一般的な綿の布団より湿気がたまりにくいとされている。
繊細な素材なので、長時間太陽の光を浴びると劣化が進むそうだ。

布団干しの頻度や取り込み時間は

月に1、2回
片面1時間ずつ

で、十分だそうです。

さらに、繊細な絹の布団は、
月に1、2回、風通しの良いところで陰干しするとさらに良い。

このように、布団を干す頻度や取り込み時間は種類ごとに異なる。

綿ふとんやポリエステルなどの合成布団は、1週間に1~2回、
羊毛布団は、週1回、それぞれ片面2時間ずつ干すのがベスト。

布団の生地を傷めないようにカバーやシーツをかけたまま干す。

干す時間帯は、湿度が高めの朝や夕方を避け、
午前10時から午後3時の間が良い。

種類頻度時間
綿週1~2回片面2時間
ポリエステル(合繊)週1~2回片面2時間
羊毛週1回片面2時間
羽毛(羽根)月1~2回片面1時間
真綿(絹)月1~2回(陰干し)片面1時間

前日が雨だと布団干しをする当日が晴れていても
湿度が高いことがあるので注意しなければならない。

布団の両面が日に当たるように途中で裏返す。
特に時間がなければ、肌に触れている面を優先する。

布団たたきは注意が必要/効率的な布団の干し方は?

布団のホコリや小さなゴミを落とすために
布団たたきを使っている人も多い。

一時期、ニュースにもなった騒音おばさんのように
近所迷惑になるようなパンパンと布団を強く叩くと、
生地や中綿を傷めて布団の寿命を縮めてしまう。

ホコリのように見えるのは、
壊れて出てきた詰め物でこれも布団の寿命を縮める原因だという。
表面のホコリを軽く払う程度にしないといけない。

どうしても、この細かなホコリが気になる方は
表面に掃除機をかけることも有効です。

【強力な振動機能搭載】毎分/約8000回の高速たたきて、ダニの死骸やフンなどのアレル物質を広範囲でたたき出す。【U型UVランプ&ダニを除去】 効果が高い波長253.7nm U型UVランプを搭載し、99%以上のダニをしっかりと死滅させます。UVランプは安全センサー付きて、クリーナーから布団を離れると、UVランプが自動的に消える安全機能付きます。【コードレス 簡単/便利】コードレスふとんクリーナーなら毎日簡単にお手入れでき、いつも清潔なふとんで眠ることができる。布団やまくらだけでなく、ソファや車のシートまで。また、床の汚れがついたコードが布団に...何で心配もありません。

布団は、ベランダや庭などに物干しざおや
専用スタンドを使って干すケースが一般的です。

布団を外干しできない場合、
窓を開けて風通しを良くしたり、窓際で日光に当てたりする。

椅子を二つ並べ、布団を広げて風を通せば効果的面です。

かさばって重いマットレスは
掛け布団を外したり、壁に立てかけたりして、
少しでも湿気を飛ばす。

押入れなどに収納している場合は
開けっぱなしして、頻繁に空気の入れ替えを行うと良いでしょう。

ダブルバー仕様で通気性抜群!!洗濯物も干せる多機能布団干し!! マルチハンガー(吊り部)付きで洗濯物も干せる多機能タイプの布団干しです。干し部が段違いになっているので採光性がよく乾きが早いです。通気性抜群のダブルバー仕様で乾きにくい厚手の干し物にも最適!!使用しない時はコンパクトに収納ができます。

布団干しと花粉の関係/花粉付着防止方法

これから花粉が気になるシーズンになってきます。

布団に花粉がつかないように、
専用の布団干し袋を使うと便利です。

晴れ間が限られる雪国や天気が悪い日や梅雨時期、
これから多くなる花粉が大量に飛散している日などは
布団乾燥機があると重宝します。

布団乾燥機も羽毛布団も新しく買ったのでついで買いしてしまいました。

今の布団乾燥機はこんなにコンパクトなんですね!

おかげさまで寝る前に使って暖かい布団でぐっすり寝れてます。

マット&ホース不要だから、セットも片づけも手軽! マットとホースが不要だから、セットも片づけにも手間がかからず気軽に使用できます。使い方は、①本体を開く ②ふとんにセットする ③スイッチを入れる のわずか3段階。大きな吹出口とWファンによる大風量で、温風がふとんのすみずみまで効率よく行き渡ります。

若い頃は一日何時間でも寝ることができてました。
現在、50代半ば過ぎて睡眠時間よりも、
睡眠の質を考えるようになりました。

体のために睡眠は、

心身の疲労回復
記憶の定着
免疫機能の強化

など重要な役割を持っているといわれています。

健やかな睡眠を保つことは
毎日に活力を与えてくれます。

ちなみに、老舗のオンラインストアで買いました!!

布団干しの注意点とまとめ

 

  • 湿度が高い時間帯を避ける(午前10時~午後3時がベスト)
  • 布団本体が傷まないようにカバーやシーツはつけたまま干す
  • 両面が日に当たるように途中で裏返す
  • 布団たたきなどで強く叩かない
  • 布団の表面のホコリは、軽く払うか掃除機をかける
  • 外干しできない場合は、風通しの良い場所で日に当てる
  • 梅雨時など天候が悪い期間が長い場合は、布団乾燥機が重宝する

以上の注意点を気をつけると、衛生的のもよく

身体に優しい睡眠をとることができますので

ぜひ、布団干しの参考にされてください。