博多どんたく

この記事は約2分で読めます。

ゴールデンウィーク(5月3日、4日)に欠かせない博多っ子の祭り。

室町時代に始まった領主への年賀行事がルーツで、

その松囃子行列の「通りもん」といわれるおはやし隊が今のパレードに発展した。

 

「ぼんち可愛や寝んねしな 品川女郎衆は十匁十匁の鉄砲玉 玉屋が川へスッポンポン」

これはしりとり歌で、江戸で流行したのは幕末かららしい。「品川女郎衆は十匁」の歌詞から『国々色里あたい付』をみると、品川は文化・文政頃がこの値段になっている。この歌の元文は長く「牡丹に唐獅子、竹に虎、虎を踏まえた和唐内…」から始まって延々と続く。そして最後のところに「坊やはよい子だ寝んねしな、品川女郎衆は十匁…」と出てきて、この後にも歌は続く。これが「ぼんち可愛いや…」と大阪言葉に変わったのは明治になってから。
博多の河原田平兵衛さんが菓子の修行に東京栄多楼に弟子入りし、職場で歌を覚えて帰り、博多下呉服町で栄松堂という菓子店をひらいた。それまでどんたくの道囃子は地唄の『黒髪』『おりてゆく』などの合の手を弾いていたが、日露戦後のうきうきムードの中では地味すぎた。そこで平兵衛さんがこの歌に東京の”さわぎ”を道行風に編曲し、現在の『ぼんち可愛いや』になった。「一度は気やすめ二度はうそ」「もうしもうし車屋さん」の歌詞は大正時代の中期に作られた。

引用元:https://www.dontaku.fukunet.or.jp/about/bonchi

 

「ぼんち可愛や~」のリズムに乗って、老若男女が歌い踊り、実に派手な2日間。

語源は、オランダ語の「ZONTAG」で休日の意味。

 

いつも最後までお読みいただきありがとうございます。

今後ももっと福岡・博多の情報を載せていこうとおもっております。

応援や叱咤激励も受け付けておりますので何卒宜しくお願い致します。