伊藤野枝-いとうのえ

この記事は約1分で読めます。

明治28年、糸島郡今宿村に生まれる。

16歳の夏、親が決めた因習的結婚に反抗して、新婚生活を振り切って上京。

上野高女に入学後、英語教師と2度目の結婚をし、20歳で平塚雷鳥の後を受けて

「青踏社」の主幹となり、女性解放を叫び続けた。

やがて、無政府主義者の大杉栄のもとに走って、自らも運動の中心となるが

関東大震災直後のどさくさに紛れて憲兵に殺されてしまう。

彼女の28年間の生涯は、命を懸けて因習と闘った壮絶なものでまさに

「炎の女」

と呼ぶにふさわしい。

 

いつも最後までお読みいただきありがとうございます。

今後ももっと福岡・博多の情報を載せていこうとおもっております。

応援や叱咤激励も受け付けておりますので何卒宜しくお願い致します。