地元博多の魅力

地元博多の魅力博多の魅力
スポンサーリンク
博多の魅力

福岡県民1000人に聞いたうまいラーメン店ランキング

このページは、福岡の地元テレビ局が行なった地元福岡県民1000人を対象にした アンケートを基にうまいラーメン店をランキング形式で紹介しています。 それでは早速ランキング形式で発表したいと思います。 第10位 三味(333...
博多弁一覧表

こっぱげる

木が腐ってボロボロになり、表面から剥がれて、崩れていくような状態を表す博多弁。 単に崩れる、壊れるの意味。 フジヒロ なんや、あの女の顔、こっぱげとうやない! などとは、絶対、使わない...
博多の魅力

くりはい箸

お正月の元旦に、博多雑煮を食べる時に用いる、栗の枝を削って作った箸。 何故、普通のお箸ではいけないのか? という疑問があると思うが、くりはい箸を使う理由は簡単で 「おわんの底で食べられるのを待っているお餅のねばっこさに普通...
スポンサーリンク
博多弁一覧表

しわごんちゃく

しわくちゃの状態、しわくちゃの人のことを表す博多弁。 【使用例1】 まさと 悪いばってん、ハンカチば、貸して~ フジヒロ 俺のハンカチは、アイロンかけてないけん、しわ...
博多の魅力

西門かまぼこ本店

博多区上呉服町にある蒲鉾屋さん。 元チューリップの第1期メンバーのドラマー:上田雅利の実家。 アマチュア時代は、あの海援隊で活動していた。 祝い事に使う祝いかまぼこを置いていることが有名だが 数種類のちぎり天...
博多弁一覧表

うだんしか

汚らしい、うらめしい、気色が悪い、うじうじしている。 という意味の博多弁。 フジヒロ あいつくさ、3年前、手帳ば隠すにくじゅう(※いたずら)ば、俺にしたとバイ! まさと ...
博多の魅力

博多出身・博多育ちがこっそり教えるおいしい博多ラーメン

博多で生まれの博多育ちの地元民がこっそり博多ラーメンの名店から隠れ名店、 おいしい食べ方や博多ラーメンの独特なルールについて説明します。 博多ラーメンと豚骨ラーメンの違い 博多ラーメンととんこつラーメンの違いをよく聞かれ...
有名人

伊藤野枝-いとうのえ

明治28年、糸島郡今宿村に生まれる。 16歳の夏、親が決めた因習的結婚に反抗して、新婚生活を振り切って上京。 上野高女に入学後、英語教師と2度目の結婚をし、20歳で平塚雷鳥の後を受けて 「青踏社」の主幹となり、女性解放を叫...
博多弁一覧表

あぶらうんけんそばのかす

子供がケガをしたときなどに唱える呪文。 柱にぶつかったり、道でころんだりして泣きそうになった時に 「あぶらうんけん~」と唱えてもらうと、不思議と痛みがおさまったものだ。 共通語の 「痛いの痛いの飛んでけ~」と同じ。 ...
有名人

三原監督(三原脩-みはらおさむ)

三原監督は福岡出身ではありませんが、 福岡の球団ライオンズを全国区にした人物としてこちらに掲載しております。 優勝監督でありながら、追われるように巨人を去り、昭和26年、新生ライオンズの監督に就任。 大下、中西、西...
博多弁一覧表

レンコンくう

先を見越す、気を利かすという意味の博多弁。 現在ではあまり使われなくなったが、80歳以上のじいさま達はよく使うようだ。 使い方はいろいろのようだが、例として挙げられるものがワンパターンしかないところが笑える。 A、B、Cと...
博多弁一覧表

天ブラ

別に天ぷらの親戚でも、天○ブラジャーの略でもなく、 あてもなく天神をブラブラ歩き回ることを言う。 遠くから友人が博多に来た時に、どこへ連れて行こうかと悩んだ挙げ句、 天ブラに落ち着くことが多い。 似て非なるも...
博多の魅力

てぼ

筥崎宮の社日の時(春3月、秋9月)の時、 箱崎浜の真砂(お潮井)を竹で編んだ籠に入れて 身体を清める効果があると博多では昔から伝わっている。 この真砂を入れる籠のことを「てぼ」と呼ぶ。 外出や旅立ちの際、お潮...
スポンサーリンク