三原監督(三原脩-みはらおさむ)

この記事は約1分で読めます。

三原監督は福岡出身ではありませんが、

福岡の球団ライオンズを全国区にした人物としてこちらに掲載しております。

 

優勝監督でありながら、追われるように巨人を去り、昭和26年、新生ライオンズの監督に就任。

大下、中西、西村、豊田、河村を獲得。

球界制覇に乗り出し、31年の稲尾の入団でその悲願を果たす。

以後、 33年まで史上最強のチームとして君臨する。

 

その采配ぶりは「三原マジック」と呼ばれ、33年の日本シリーズでの奇跡の逆転4連勝は、

今日まで語り継がれている。

 

西鉄ライオンズ退団後は、 日本ハムファイターズ球団社長も務めた。

現監督の栗山英樹氏は三原監督を理想の監督としているそうだ。

 

いつも最後までお読みいただきありがとうございます。

今後ももっと福岡・博多の情報を載せていこうとおもっております。

応援や叱咤激励も受け付けておりますので何卒宜しくお願い致します。