渡辺通り

この記事は約1分で読めます。

もう廃止されたチンチン電車(市内電車)の旧循環線が名の起こり。

この路線は明治44年に博多電気軌道が開通させた。

 

先発の福博電気軌道が1年前に走らせた旧貫線に続く開業だが

先の福博電軌が県、市の造った貫線道路を走らせたのに比べ、

こちらはいちいち用地を買収し、那珂川、博多川に橋を4つもかける大工事を行なった。

 

この大事業を推進したのが、博多上西町の呉服商「紙与」の大将、渡辺与八郎

 

当然、社長になることが予想されたが

「社長なんぞぞうたん(冗談)のごと」

と言って承知せず、開業して間もなく亡くなった。

渡辺通りは、その名を受け継ぐ。

 

 

いつも最後までお読みいただきありがとうございます。

今後ももっと福岡・博多の情報を載せていこうとおもっております。

応援や叱咤激励も受け付けておりますので何卒宜しくお願い致します。