広田弘毅-ひろたこうき

この記事は約1分で読めます。

福岡生まれ。

東京帝国大学卒業後、駐ソ大使、外相、そして昭和2年~3年は首相となる。

戦争を回避するために、横暴な軍部に対して抵抗したが挫折し、

戦後はA級戦犯として処刑されてしまう。

彼の高潔な人柄を知るには、城山三郎の「落日燃ゆ」を読めばよくわかる。

天神の水鏡天満宮の南鳥居に掲げてある「天満宮」の文字は

広田弘毅が小学校の時に書いたもの。

 

いつも最後までお読みいただきありがとうございます。

今後ももっと福岡・博多の情報を載せていこうとおもっております。

応援や叱咤激励も受け付けておりますので何卒宜しくお願い致します。