ゴルフスウィング-ヘッドスピードとミート率

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

ヘッドスピードとミート率

ゴルフのスウィングでヘッドスピードが秒速1m速くなると

飛距離が6ヤード伸びるといわれています。

 

もし、ヘッドスピードが40m/sなら

飛距離は6倍の240ヤードになります。

 

また、ミート率は

  • ボール初速÷ヘッドスピード

効率の良いインパクトを表す数値です。

 

飛距離アップというと、

ヘッドスピードを上げる

に意識がいきがちですが、

我々、アマチュアは意外と「ヘッドスピード」を落としてでも

ミート率を上げる事のほうが近道のようです。

 

スポンサーリンク

ミート率をアップのポイント

では、いかに「ミート率」をあげるか?

まあ、いろいろと要因はあるのですが

一番重要なのは

前傾姿勢の角度の維持

です。

 

前傾角度を維持するためには

・膝の角度

・腰の角度

・首の角度

を一定に保つ必要があります。

 

それともうひとつ重要なのが

スウィングのリズムとテンポ

です。

タイミングが一定であれば

それだけクラブの真芯で捉える確率が高くなります。

 

スポンサーリンク

練習方法

では、どうすればいいのか?

ハーフスウィングでも構わないので

ハンドファーストでインパクトする意識で

    低めのドローボールを打つ練習

をすることで、体でボールを捉まえる動きが身に付きます。

 

無理に、ヘッドスピードを上げようとしても

逆に、オーバースウィングやバランスを崩したら

逆に飛距離が落ち、本末転倒に成りかねません。

 

現状のヘッドスピードで、

いかに「ミート率」を上げるかを考えた方が

効率もいいし、飛距離アップの近道です。