ゴルフレインウェア購入

この記事は約4分で読めます。

先日、土砂降りの雨の中でラウンドした時

いつ買ったのかわからないくらい古い薄っぺらい、

いわゆる雨合羽みたいなものを入れていたのですが、

昔と体型が変わったせいか途中で、破れてしまい、しかも腰のゴムも切れる始末。

 

スウィングするたびに、下にずり落ちていき、

毎回、毎回、ズボンの中にハサミこまなければならない状況でした。

 

そこで早速、ゴルフ用のレインウェアを購入しました。

 

ネットで検索したら、

  • 耐水圧
  • 透湿性

というのが重要ということがわかりました。※全然、知りませんでした・・・・汗

 

簡単に言うと

耐水圧は、生地に水が沁み込もうとする力を抑える性能数値

透過性は、生地1㎡あたり24時間で何gの水を外に出すかを示した数値

 

スポンサーリンク

耐水圧

一般的に、傘の耐水圧が、250mm程度と言われているそうです。

20,000mm・・・・・・・嵐

10,000mm・・・・・・大雨

2,000mm・・・・・・中雨

300mm・・・・・・・小雨

を凌げるらしいです。

 

スポンサーリンク

透湿度

透湿度の目安は

蒸れにくさ・・・・・最低5,000g以上、できれば8,000g

ベトベトになりにくさ・・・・最低でも10,000g、できれば20,000g

だそうです。

 

当方は、ゴルフ主体で考えていたので

各ゴルフメーカーのレインウェアか

ネット検索で評判の良かったゴアテックス社のものを

考えていたのですが、

「なんで、こんなに高いの??」

というくらいの価格です。

 

別に、動きやすい(軽くて、動いた時にこすれる音があまりしない)ものであれば

なんでもいいわけです。

 

そこで、ナイロン、ポリエステル、アクリルなど3大繊維の専門会社

東レのエントラントという

  • 耐水圧
  • 透湿性
  • 撥水性

のバランスが良いレインウェアを購入することにしました。

 

耐水圧も、10,000mm

透湿性も、10,000g

という雨のゴルフの時には、充分すぎる数値です。

 

重さも、560gとそんなにきにならない程度だし、

なんたって、価格が3分の1~4分の1です。

 

欲を言えば、ブラックが欲しかったのですが

無かったので、ネイビーとシルバーで迷いましたが

結局、シルバーにしました。

 

これで、先日のラウンドのようなことはなくなります。

大雨にも耐えうる高い防水性と、激しい動きの発汗によるムレも効率的に排出してくれる優れた透湿性、さらに背中には湿気を逃がすベンチレーションを備え、荒天時の長時間の活動でも快適な着心地を提供してくれます。日常の通勤・通学用に、また登山やキャンプなどのアウトドアにも最適です。