ゴルフのツイスト打法は腰を使うの?/ツイスト打法のメリット・デメリットとは

この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

ゴルフのツイスト打法との出会い

プロゴルファーは別として、アマチュアゴルファーは少なからず

Youtubeのゴルフ動画にはお世話になっていると思います。

そんな私も、よく見ています。

そんなある日、武市悦宏ティーチングプロの大阪の本屋さんで行なわれた

本の発売イベントの動画を見ました。

最初は、なんか「チャライ男」って印象で最初は、

あまり真剣に動画自体を見なかったのですが

理論的にしっかりとしていると思い、※時々、チャラさは出ていましたが・・・

第1弾の「俺ってこんなに飛んだっけ!!

を買おうと思ったのですが

「ツイスト打法」が入っている「飛ばしのスゴ技・寄せのウラ技」を買いました。

飛ばしのスゴ技・寄せのウラ技

飛ばしのスゴ技・寄せのウラ技

読んだ全体的な感想は

写真が多く、内容的にはわかりやすかったです。

ゴルフは、イメージするスポーツなので

文字ばかりのレッスン書などは読む気が起こりません。

その点については、良かったと思います。

スポンサーリンク

ゴルフのツイスト打法は腰を使うの?

結論から言うと、

武市悦宏ティーチングプロが推奨する「ツイスト打法」では

腰は使いません。

逆に、腰を止めて身体の軸を固定してヘッドスピードを上げて

飛距離を出すというゴルフスウィングになります。

「ツイスト打法」のアドレスは、身体の安定が重要になります。

下半身の動きを極力抑えて、ベタ足でスウィングするというのが基本です。

少し、ネタバレ的だはありますが「3本足」アドレスを意識するということです。

腰を使わないのは、インパクト時のブレーキングによって

ヘッドスピードを上げるという効果があるということです。

インパクト時のブレーキング

最近、主流になりつつある地面反力を利用する

両足を蹴り上げて骨盤の回転を抑制するスウィングに繋がっていると思います。

スポンサーリンク

ツイスト打法のメリット

ベタ足キープを意識することで、下半身、上半身の同一方向への動きを抑えられます。

アマチュアゴルファーの一番の悩みのスライスは

下半身と上半身が一緒に動くことが原因です。

いわゆる身体が開いた状態でインパクトを迎えると

パワーが逃げてしまい、ボールに強い力は伝わりません。

その点、ツイスト打法は回転する椅子に座ってスウィングすることを想像してください。

椅子に座って、上半身を右に廻すと下半身は左に

上半身を左に廻すと下半身は右に、不思議に自然と反対側に動こうとします。

ゴルフでは「壁を意識しろ!」とよく言われますが

この「壁」が自然とできるところがツイスト打法のメリットだと言えます。

スポンサーリンク

ツイスト打法のデメリット

確かに捉まるボールが打てるようになりますが

ツイスト打法では「手の返し」を強烈に意識して行う必要があります。

これは、今までよりヘッドスピードがアップするのでヘッドが開くので

「手の返し」を早めに行わないと右プッシュが多発します。

今度は、意識して早めに行うと左引っ掛けが多発という状態になります。

「手の返し」のタイミングを掴むことが一番難しいと言えます。

このタイミングを掴むには

何百球、何千球と打つ練習しかないです。

あと、ツイスト打法のデメリットには腰への負担も考えられます。

身体が柔らかい人や若い人などは良いかもしれませんが

身体が硬い人やある程度の年齢の人、腰に持病がある人は止めたほうがいいと思います。

腰を逆方向にツイストするので、上半身と下半身のねじれ(ツイスト)は起きます。

しかも、「手の返し」を強烈に意識して行なうので

腕のスピードはかなり早くなり、そのエネルギー(ねじれ)を腰で受け止めるので

かなり、腰への負担があります。

シャフトの長さや重さなどからツイスト打法は

ドライバーでのスウィングが基本です。

アイアンでも同じようにツイスト打法をしようとすると

かなりの練習が必要でしょう。

♦ドライバーだけはツイスト打法

♦アイアンは別のスウィング

というふうに使い分けることができる人は良いかもしれません。

ただ、私はすべてのクラブで同じスウィングをしたいので挫折しました。

スポンサーリンク

ツイスト打法 ユーチューブ動画一覧

ゴルフスイングのツイスト打法を提唱する

武市悦宏ティーチングプロのユーチューブ動画の一覧です。

興味のある方はどうぞ!(※下画像クリックでYoutubeに飛びます!)

武市悦宏ティーチングプロのユーチューブ動画の一覧

スポンサーリンク

ツイスト打法についてのまとめ

理論的にヘッドを走らせてヘッドスピードを上げて

捉まったボールで飛距離を伸ばすには有効的なテクニック。

ただ、スウィング理論はわかっても普通の人にとっては高等テクニック。

ゴルフスイング理論は星の数程存在しています。

ゴルファーによって合う合わないがあります。

さらに自分自身が

  • どんなボールを打ちたいのか?
  • 飛距離か方向性のどちらを重視するか?
  • 自分の柔軟性や筋力

など、ゴルファー自身がどこを目標においているかなどで

選ぶべきゴルフスイングは違います。

この記事を読んで

ぜひ、ご自身がどこに目標をおいているか

再度、考えていただけたら幸いです。

飛ばないプロが100ヤード伸ばした秘密。飛ばなかったから磨いた秘密の小技。レッスン・オブ・ザ・イヤー2013受賞!