母里太兵衛-もりたへい

この記事は約2分で読めます。

ぼりたへいとも言う。

「酒は飲め飲め~飲むならば~」の「黒田節」の主人公。

 

黒田長政に仕え、

文禄3年に名代として猛将だが酒乱で有名な福島正則邸を正月に訪れ、

自分も酒乱だったため、黒田長政から「決して酒を飲んではならぬ」と止められていたのだが

正則に強引に勧められ、「この大盃を見事飲み干したら、お前の望みのものをやる」とまで言われ

断ることができず、仕方なく大盃3杯を飲んだそうだ。

 

そこで、日本号の槍を飲みとったとされています。

日本号の槍とは、正親町天皇(おおぎまち)から足利義昭将軍に下賜され、

あの織田信長、豊臣秀吉を経て

福島正則が拝領したものと伝えられています。

 

こんな大事なものをまさか本当に持って帰るとは、

正則の家臣たちも思ってみなかったのですが、

太兵衛は、悠々とこれを持って帰って来たので、

藩内で有名となり、「飲み取り槍」と言われるようになった。

 

身長6尺(約182cm」でヒゲも濃く、比類なき豪男だったとか。

母里太兵衛の等身大の銅像が西公園にあります。

見たい方は行かれてみてはいかがですか。

 

 

いつも最後までお読みいただきありがとうございます。

今後ももっと福岡・博多の情報を載せていこうとおもっております。

応援や叱咤激励も受け付けておりますので何卒宜しくお願い致します。