平野国臣-ひらのくにおみ

この記事は約1分で読めます。

筑前黒田藩の足軽の子として生まれ、名は二郎。

脱藩し、尊王攘夷運動に奔走する。

誰の家来でもなく、天皇の臣であるという考えから「国臣」と名のった。

文久3年8月17日に、吉村寅太郎らの天誅組の変により運動の士気は高まったが

翌8月18日の政変で形勢は逆転し、その後、平野国臣らは但馬で生野の変を起こすが

惨敗し、京都六角獄にて獄死する。

福岡市中央区地行の派出所の横に生誕地。西公園に銅像がある。

 

 

いつも最後までお読みいただきありがとうございます。

今後ももっと福岡・博多の情報を載せていこうとおもっております。

応援や叱咤激励も受け付けておりますので何卒宜しくお願い致します。