新天町

この記事は約1分で読めます。

戦後の混乱が続く昭和21年10月、空襲の焼け跡にバラックながら新しく商店街が完成した。

名前をなんと付けるか、公募もしたがあまりパッとしない。

 

思案の末、呼び出されたのが町内の呉服店の大将で川柳家の安武孝一さん。

紙に大きく「新天神町」と書き、「神」の字をサッと手で伏せた。それで決まった。

 

この場所は、戦前は県立福岡高女(現在の福岡中央高校)が平尾に移った後、

旧校舎に福岡女専(いまの福岡女子大)が入り、少し南には県立図書館、福岡高等小学校と教育ムードを示した。

現在は、近くに新しく移転した岩田屋やブランド専門店などが並び、

旧と新が入り混じったショッピング街となっている。

いわゆる昔でいうところの「天ブラ族」でにぎわっている。

 

いつも最後までお読みいただきありがとうございます。

今後ももっと福岡・博多の情報を載せていこうとおもっております。

応援や叱咤激励も受け付けておりますので何卒宜しくお願い致します。