花粉症の注射を福岡で打つならヒスタグロビンが女性や子供には特にいい本当?

この記事は約14分で読めます。
スポンサーリンク

花粉症の注射接種できる福岡の病院一覧

病院名住所TEL情報
福岡病院 | 国立病院機構福岡市南区屋形原4-39-1092-565-5534公式HP
TCB美容外科福岡県福岡市中央区大名2-6-5 天神西通り館3F0120-595-375公式HP
博多ひのきクリニック福岡市博多区博多駅南1丁目8-34 博多駅FRビル 7階092-477-7215公式HP
上川路クリニック福岡県福岡市城南区茶山1丁目1−12092-851-5222公式HP
藤野クリニック福岡県福岡市中央区大名2-7-3 ウェッジビル5F0120-331-908公式HP
小野内科クリニック福岡県福岡市中央区天神1-9-17福岡天神フコク生命ビル6階092-771-6679公式HP
宗耳鼻咽喉科医院福岡市西区姪の浜1-16-30092-891-3333公式HP
赤坂とも内科福岡市中央区赤坂1丁目11-12 赤坂井上ビル3F092-791-5051公式HP
くまもとクリニック福岡市中央区天神1丁目6番8号 天神ツインビル8階092-737-5117公式HP
大原ちか眼科福岡県福岡市中央区大名2-12-9赤坂ソフィアビル2階092-722-0303公式HP
天神つじクリニック福岡市中央区天神3丁目10-11 天神五十君(いぎみ)ビル6F092-739-8688公式HP
大濠パーククリニック福岡県福岡市中央区大濠公園2-35 THE APARTMENT2F092-724-5520公式HP
岡田耳鼻咽喉科医院福岡県福岡市南区高宮5-1-1-201092-531-2825口コミ
梅野眼科医院福岡県福岡市中央区六本松3-10-18092-751-0344口コミ
石井皮フ科クリニック福岡県糸島市前原西2-4-18092-324-7539公式HP
中村循環器科心臓外科医福岡県糸島市波多江263-1092-324-6000公式HP
くすの木クリニック福岡県福岡市南区大橋1丁目7番12号森藤第1ビル2階201号092-562-7234公式HP
もりや耳鼻咽喉科福岡県福岡市南区中尾2丁目3-25サンライズ恵比寿2F092-554-7833公式HP
守永クリニック福岡県福岡市中央区清川3丁目13-6092-522-4321公式HP
エルムクリニック福岡県福岡市中央区舞鶴1-2-8 セントラルビル3F092-717-7227公式HP
福田眼科病院福岡市早良区藤崎1-24-1092-841-2345公式HP
畑間内科クリニック福岡市早良区荒江2丁目6-1092-844-7667公式HP
平田耳鼻咽喉科医院福岡県福岡市城南区荒江1丁目28−20092-851-9764公式HP
ひろ内科福岡県春日市春日原北町4-11メディカルシティ春日原2F092-986-5423公式HP
じんのうち耳鼻咽喉科福岡県那珂川市松木1丁目146092-951-3387公式HP
大西内科クリニック福岡県春日市大土居3-192092-595-2001公式HP
たけすえ耳鼻科クリニック福岡県那珂川市道善5−25092-953-6687公式HP

※国の花粉症対策注射を含むアレルギー免疫療法は多岐に渡ります。病院によっては考えがあわなくなり扱わなくなった場合もあるようです。事前に問い合わせをおすすめします。

掲載順は順不同です。決しておすすめ順ではありません。ご了承ください。

スポンサーリンク

花粉症の注射とは

花粉症の主な2つの注射の種類

毎年花粉症に悩む方は、この鼻づまりや目のかゆみがなくなれば・・・と思っていることでしょう。

花粉症注射1

そんな花粉症の治療法のひとつとして花粉症に効く注射があります。

この花粉症の注射はとても効果が高く、即効性がある治療方法です。

ただし、即効性がある分、対処両方として症状をとりあえず抑えるというもので、

根本的な病気の克服というわけではありません。

花粉症の注射は病院におこないますが、花粉症の注射には大きく2種類のものがあります。

「ヒスタグロビン」と「ケナコルト」です。

花粉症注射2

病院によって副作用が少ないヒスタグロビンのみを取り扱っているところもありますし、

両方の花粉症の注射を取り扱っている病院もあります。

また、どちらか1種類だけでなく、2種類の花粉症の注射を打つ病院もあります。

2種類打ったほうが効果が高いとされていますが、個人差があるものなので、

信頼できる病院や医師に相談して自分の花粉症の症状に合わせて注射の種類も選択しましょう。

副作用の関係で若い女性や子供にはヒスタグロビンの注射が勧められることが多いでしょう。

自分の体のことですので、どのくらいの症状があるのか、どのくらい症状を抑えればいいのかなどを考えて

この2種類の花粉症の注射を検討してください。

もちろんこの2種類の注射だけでなく点鼻薬や目薬なども併用して使えば

さらに楽に症状を和らげることができます。

ヒスタグロビン注射

ヒスタグロビンはアレルギー鼻炎、血管運動性鼻炎、アレルギー性皮膚疾患のアトピー性皮膚炎、

じんましん、慢性湿疹などの症状に効果がある薬剤です。

血中のアレルギー反応を誘発させるヒスタミンに対して耐性を作ることができるので、

花粉症によるアレルギー症状を緩和できるのです。

また、一時的な効果だけでなく減感作療法としてアレルギー体質を改善していくといわれています。

この薬剤を使えないのは

  • 激しい喘息などの発作があるとき
  • 妊娠中または妊娠の可能性のある人
  • 妊娠中または妊娠の可能性のある人
  • 著しく衰弱している人
  • 女性で月経直前

子供にも適していると判断できれば使える花粉の注射です。

成人は週1~2回、小児は週1回の間隔で3回または6回注射して1クールとします。

十分な効果があらわれない場合にはもう1クール花粉の注射を行います。

効果があらわれたら、それを維持するために3~4ヶ月ごとに1回の花粉の注射をします。

花粉症の注射は決められた期間継続して繰り返し行う必要があります。

このヒスタグロビンは花粉症だけに効果がある注射というわけではなく、

気管支喘息にも効果があり、こちらも効果維持のために注射を何度か繰り返します。

副作用としては眠気、めまい、頭痛、嘔吐などがある場合があります。

ケナコルト注射

ケナコルトも花粉症の治療に使われる注射です。

花粉症のシーズン中に1回の注射で効果があるとされているもので、成分はステロイド剤です。

合成副腎皮質ホルモン剤で、花粉症などのアレルギー症状の改善や炎症、

リウマチにも効果があるということです。口内炎の場合は口の中に貼る内服薬として使われます。

皮膚炎の場合は軟膏になっていものを使います。花粉症は注射で治療します。

副作用として内服薬の場合はホルモンが過剰になったり、

肥満、高血圧、頻尿病、感染症などを引きおこしやすく骨折しやすくなったり

精神状態のバランスを崩すこともあります。

花粉症注射3

軟膏で皮膚に塗った部分が薄くなったり弱くなったりすることもあります。

体内にもともとある副腎皮質の活動をその注射が効果がある間中ずっと抑制してしまいます。

結果、ステロイドも体内にとどめ続けるため、副作用の強さがとても気になります。

花粉症の注射として使用する場合、花粉が飛び始める前に1回花粉症の注射をするだけで効果が持続します。

ただし、最近ではステロイド剤でありその副作用が問題になっているので

このケナコルトを花粉症の注射として行う病院が少なくなってきています。

もし花粉症の治療としてケナコルトの注射を希望する場合にはその強い副作用を認識した上で行いましょう。

気になる花粉症の注射をした場合の副作用は?

花粉症注射6

花粉症の注射の副作用は、ケナコルトを使った場合に問題が多いとされています。

上記で説明したように花粉症の注射は2種類あり、ヒスタグロビンとケナコルトです。

そのうちケナコルトは3週間ぐらい効果が持続するため

花粉シーズンに1~2回打てばいいとされているため、 この注射で効果を得たいという人が多い。
ただし、このケナコトルは副作用が強い

使う前に必ず副作用があることを自覚しなくてはなりません。

アトピー性皮膚炎の治療でもステロイド剤が使われることがありますが、

即効性があるかわりに長期間服用するのはやめたほうがいいという病院がほとんどです。

少し使って症状をやわらげたら、すぐに他の薬剤に切り替えることが基本的な考え方です。

このステロイド剤はいわゆる対処療法ですので、根本的に花粉症の改善に結びつくものではありません。

上手に使えば効果が得られるものですが、医師の診断のもとで管理しながら使うべき薬剤といえそうです。

特に子供の場合は要注意です。

花粉症の注射でステロイド剤のものを行った場合、子供の成長に影響を与えるといわれています。

思春期の女の子の場合は排卵にも影響があるといわれているので子供に使う場合は要注意です。

花粉症の注射はきちんと効能と副作用を抑えた上で選択しましょう。

スポンサーリンク

その他の花粉症注射種類

デポ・メドロール

デポ・メドロールも花粉症のシーズン中に1回の注射で効果があるとされています。

成分はステロイド剤です。筋肉注射または局所注射で使用します。

持続性合成副腎皮質ホルモン剤で、

花粉症などのアレルギー症状の改善、膠原病、血液疾患、神経疾患、消化器疾患、呼吸器疾患、循環器疾患、

重症感染症などに効果があります。

副作用は呼吸困難やじんましんなどのアナフィキラシー症状、感染症、持続性副腎皮質機能不全、

骨粗しょう症、消化器出血、うつ状態、糖尿病、緑内障、失明などです。

これらの重篤な副作用のほかに月経異常などがあります。

ですから、思春期の女性、妊娠中や妊娠の可能性がある女性、

そのほかに高齢者や小児に対する投与は注意が必要です。

ある病院のhpにステロイド剤1回の花粉症の注射は

一般的なステロイド剤の40~80剤に相当するということです。

これを一気に体内にいれるのですから、効果があるのは当たり前ですが、副作用が問題視されるのも当然です。

もしも副作用が出てしまうと、なかなかステロイド剤の効果が消えないので

副作用の症状も治りにくいということです。

そんなこともあって、現在ではステロイド剤の花粉症の注射は行わない病院が増えてます。

ノイロトロビン

ノイロトロビンとは通常は錠剤ですが、注射薬として用いられることもある薬です。

腰痛、関節痛、神経痛などのほかにアレルギー症状の緩和に用いられます。

家ウサギの皮膚組織から抽出した成分から作られています。

錠剤のものは舌の下にいれて溶かして服用します。

副作用は発疹などの過敏症、食欲不振、下痢、めまい、ふらつきなどです。

花粉症の注射として使う場合、静脈または筋肉または皮下に注射します。

鎮痛剤ですので、頭痛などの症状で処方されることが多く、

花粉症の場合も他の鎮痛剤を飲んでいる場合は医師に相談しましょう。

他の花粉症の注射と同様に

妊婦または妊娠の可能性のある人、高齢者、小児に使用する場合は注意が必要です。

ヒスタグロビン同様の減感作療法ですので、即効性があるというわけではありません。

また、効果が出やすい人、効果が持続しやすい人と個人差がかなりあります。

1回の注射で1ヶ月効果が持続する人もいます。

基本的には皮下注射を毎週1~2回程度おこない、4~6週間続けます。

このノイトロビンは保険適用ですが1回2000円程度です。

ステロイド剤では副作用が怖いですし、他の点鼻薬、目薬などと併用すれば

このノイロトビンの注射で効果が十分期待できるでしょう。

どんな病気でもそうですが、症状や効果にも本当に個人差があります。

自分に合った花粉症の注射などの治療法を選択しましょう。

減感作療法

花粉症の注射のひとつに減感作療法というものがあります。

この花粉症の注射はインフルエンザの予防注射と同じ原理で、アレルギーの抗体を体内に注射することで

アレルギーとなるものに対して免疫を作るという方法です。

「感作」というのは体がアレルギーを起こす準備が整った状態のことを意味し、

それを減らしていく方法のことを「減感作」といいます。

例えばスギ花粉に対してアレルギーがある人の場合はかなり濃度を薄めたスギ花粉のエキスを注射します。

このエキスを体内に入れる方法には花粉症の注射のほかに、スギ花粉エキスを飲んだり、

花粉症緩和米を食べるといった口から行う経口減感作療法というものもあります。

どちらも体内に免疫を作るという意味では同じ治療方法といえます。

濃度が濃いアレルギーエキスではショック状態になる危険性も考えられます。

そこで、花粉症の治療で減感作療法の注射を行う場合は低濃度のものからはじめます。

その後様子をみながら濃度を調節していくというのが一般的な方法です。

スギ花粉のみのアレルギーであれば月1回の通院を3年間続ければ70パーセント近くの人が完治した

という報告もあり、花粉症の注射としてとても効果が高いものといえるでしょう。

花粉症注射4
スポンサーリンク

花粉症の注射の効果

花粉症の注射はどのくらいで効果があるのでしょうか。

花粉症の注射は打ってから早い人では1時間ぐらいで効いてくるといわれています。

遅くても3~4時間ぐらいでなんらかの効果が出てくるということです。

どのくらいの間、効果が持続するかというと

長い人では花粉症のシーズン中1回の注射で大丈夫という人がいます。

反対に短い人では1週間ぐらい効果が続きます。

毎日薬を飲むことを考えれば、1週間でも忙しい人にとっては楽な方法でしょう。

平均すると2週間ぐらいといわれているので、

2~3週間に1回、病院に行って花粉症の注射を打ってもらいます。

ヒスタグロビンのほうが効果が持続する期間が短く2週間ぐらいです。

慣れてくるとそろそろ症状が出揃う、だからと自分から病院に行って注射を打ってもらう人もいます。

ケナコルトなどの副腎皮質ホルモン剤の注射に関しては、医師の指示に従うことが必要です。

花粉症の注射は効果が薄れてきても内服薬などと併用していれば

花粉症の注射はシーズン当初の1回だけであとは内服薬に切り替えるといった治療法もあります。

花粉症の注射はとにかく即効性があることが特徴です。花粉症はある日突然発症します。

そして症状が急激に悪化すると鼻がつまり、目がかゆくなり・・・と集中できない状態になります。

こんな症状が急に出て、とりあえず仕事や学業に支障がでるからと注射を打ってもらうという人も結構います。

スポンサーリンク

花粉症の注射の値段

花粉症に効く注射ですが、とのくらいの値段がかかるのでしょうか。

これはどんな病気で診察してもらう場合でも診療費や薬代が違うように、

診察してもらう病院によって異なります。

いくつかの病院での花粉症の注射の値段を参考にしてみるといいでしょう。

花粉症の注射を行っているのは主に耳鼻咽喉科のある病院です。

ステロイド剤の入った即効性のある注射は1回2000円から3000円程度が平均のようです。

シーズン前に一度だけ注射をすれば大丈夫なので、一般的な内服薬などに比べると

治療費としてはかなり安くなりそうです。

といってもその花粉症の注射による副作用はありますし、それを考えて行なうべきです。

また、平均では2000円ぐらいのようですが、一発で効くし即効性もあるということで

ありえないほど法外な値段を請求してくる医院あるようです。

事前にきちんとこのページの最初の病院一覧の公式HPからでも

花粉症の注射の料金などを問い合わせしてみてください。

きちんと説明してくれない病院は信頼できないのでやめておいたほうがいいかもしれませんね。

花粉症注射5

一方で減感作療法の場合は保険が適用されますので

1回あたりの料金は500円から1000円前後の病院がほとんどです。

ただし、1週間に1回程度で長期間にわたって通院して行う治療のため、

料金はある程度かかると考えておきましょう。

相対的な花粉症の治療費

花粉症の注射の値段は上記で説明したとおりです。

では、全体的な花粉症の治療費はどのくらいかかるのか気になりますね。

症状の程度や治療を受けた病院、診察内容によって治療費には大きな違いがあるようです。

症状が軽いのなら、1シーズンに2~3回の受診で1万円程度、症状が複数であったり、

保険対象外の治療法などを受けると10万円を超える場合も珍しくありません。

アレルゲン検査も花粉症の治療では必要な事柄です。

アレルゲン検査は検査項目数で3,000からおよそ7,000円の間が一般的な料金のようです。

他にも、漢方やハーブなどを使う方もいるでしょう。

漢方は健康保険が適応する和漢診療科で治療すれば費用の面でも比較的抑えることが出来ます。

花粉症に効くハーブやアロマテラピー用のオイルは、ある程度高品質であると効果をより期待でき、

ドライハーブ100gで3,000円、オイルは5mlで4,000円前後のものが人気ですが、

種類や品質で価格はかなり差があり、予め予算を決めて選ぶと良いでしょう。

なお、花粉症の費用がかさみ、年間の医療費が10万円を超えるようなら医療費控除をしておきます。

花粉症治療は毎年必要で、花粉グッズのマスクなどは消耗品です。

対策の費用も掛かりますから、予防をしっかりと行い、症状が出ないように配慮して

根本的に治療を進めていけば、将来の花粉症費用も徐々に下げられるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

最新花粉症対策商品ランキング

次世代型次亜塩素酸水
除菌水ジーア

除菌水ジーアは、ウイルス対策・除菌消臭が必要なすべての方に人気があります。
厚生労働省によるデータ
『次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムの同類性に関する資料』
において、次亜塩素酸水(40ppm)は、ウイルスを10秒以内に不活化することが分かっています。

【キャンペーン中】
選べる加湿器・スプレーボトルプレゼント!

レンタル空気清浄機

レンタルなので安心・簡単・手間要らず!
・すべて新品!
・購入しなくてよいので経済的

フィルター交換費用、本体交換費用、送料などもすべて無料!

えぞ式 すーすー茶

アレルギー性鼻炎、花粉などにより
「鼻水が止まらなくて困ってる!」
「鼻呼吸が出来ないくらい鼻づまりが苦しい!」
そんなお悩みに副作用なく対策するノンカフェインの健康茶

酢酸菌サプリ 酢酸菌+ 乳酸菌

新しく注目されつつある「酢酸菌(さくさんきん)」のサプリメント

3D立体マスク

隙間の少ない高密度素材!
埃、細菌、ハウスダスト、花粉を徹底ブロック!
水洗いすることで繰り返し使用可能!!