バイナリーオプション初心者が儲かるノウハウ/まず初めに理解しておくこと

この記事は約5分で読めます。

バイナリーオプションの初心者が最初に覚えておくと有利な取引ができ,

儲かるノウハウを今回は、一つ紹介しておきます。

 

その理論とは「ダウ理論」というものです。

相場は、投資家の決済行動で作られています。

これから取引をするにあたって、

大きな潮流の波に乗る

ということが投資で生き残れるかカギを握っています。

 

相場の言葉に置き換えると

トレンドの波に乗る

ということが重要なわけです。

ダウ理論の6つの基本法則

ダウ理論は為替相場などのトレンドの波のクセに呼び名をつけたものです。

ダウ理論には6つの基本法則があります。

  1. 平均はすべての事象を織り込む
  2. トレンドは短期・中期・長期の3つに分類される
  3. 主要なトレンドは三つの段階から形成される
  4. 平均は相互に確認される必要がある
  5. トレンドは出来高でも確認される必要がある
  6. トレンドは明確な転換シグナルが出るまで継続する

バイナリーオプションにおいて一番理解しておかなければならないのは

6番目の「トレンドは明確な転換シグナルが出るまで継続する」です。

はっきり言って、1~5番目は、頭の片隅に置いてる程度でもいいですし

覚えられない方は無視しても構いません。

平均はすべての事象を織り込む

考案者のチャールズ・ダウによると

「株価や為替レートは、 人為的な政府発表から自然発生的な災害まで、 全ての事象の結果が反映されているもの」

と提唱しています。

 

混乱するなんか難しいですね!?

要するに、「チャートを見れば全てが分かる

というわけです。※私は、この意見には否定派です。

トレンドは短期・中期・長期の3つに分類される

ダウ理論では、トレンドには3種類のサイクルがあると定義されています。

  • 短期トレンド  3週間未満のサイクル
  • 中期トレンド  3週間から3ヶ月のサイクル
  • 長期トレンド   1年から数年間のサイクル

つまり、短期トレンドは中期トレンドに備えての調整期間であり、

トレンドは長期トレンドに備えての調整期間であるということです。

 

投資家たちが見る時間足は人それぞれです。

色々な時間足を見ているトレーダーがいます。

 

長期の時間軸でトレードしている投資家は、 そうやすやすと決済しません。

また、中期の時間軸でトレードしている投資家は、トレンドに勢いがなくなってくると

決済行動を起こします。

 

その決済行動が、長期の時間軸では「押し目」となります。

これは、 それぞれの時間足の関係で見られる現象です。

※短期⇒中期、中期⇒長期 

主要なトレンドは三つの段階から形成される

ダウ理論では重要なトレンドは三つの段階に分けられると定義しています。

  • 先行期(初期):少数の市場参加者が底値買いを始める段階
  • 追随期(中期):先行期の動きを見た投資家が追随し、参加し始める段階
  • 利食い期(後期):決断が遅い投資家がやっと参加する段階

 

平均は相互に確認される必要がある

いくつかの平均的なテクニカル指標を用いて、

その両方で同じシグナルが見られない限り、トレンドとは判断しない

という理論です。

 

ダウ理論は元々株式相場で使われていました。

例えば、車の生産増により、自動車会社の株が上がったとします。

それにより、自動車部品の生産も多くなり、部品生産会社の株も上昇。

 

こういった相関関係にある株価がともに上がることを指しています。

どちらの会社も同じようにトレンドが発生していないと真のトレンドと呼ばない。

 

トレンドは出来高でも確認される必要がある

出来高が高い時に発生したトレンドは信用性が高いを判断する定義です。

いわゆるボラがある(取引量が多い)時の トレンドの発生は信用して良い。

 

トレンドは明確な転換シグナルが出るまで継続する

バイナリーオプションにおいて一番理解しておかないと儲けることができないノウハウ(重要な考え方)です。

相場には

  • 上昇トレンド

  • 下降トレンド

  • レンジ相場(値動きがあまり無い状態)

この3つしかありません。

一番勝ちやすい手法は、「トレンドの波に乗る」事です。

では、どうやってトレンドの始まりやトレンド転換を見つけたら良いのでしょうか。

 

上昇・下降トレンド

上昇トレンド

連続で高値と安値がそれぞれ前の高値と安値を切り上げていっている状態
 

下降トレンド

連続で高値と安値がそれぞれ前の高値と安値を切り下げていっている状態

と定義されています。 

つまり、上記の状態が続いている限り、同じ方向にエントリーした方が有利なわけです。

ここで言う「明確な転換シグナル」とは

上記の状態が崩れた時です。それは、トレンドの流れが変わる可能性が高い。

※もちろんレンジに入る場合もある

トレンド転換のサイン

 

つまり、この理論を理解しているだけで

上昇トレンド・下降トレンドの始まりと終わりを見極める

ことができるということです。

重要なので、この理論だけは頭に入れておきましょう。

上の図だけでは少しわかりにくかもしれないので

実際のチャートのスクショも掲載しておきます。

トレンド転換のチャート

ダウ理論の欠点

投資家心理を理解した上で「ダウ理論」を抑えておくことは、

今後の投資生活に必ず有利に働きます。

 

ですが、「ダウ理論」にも欠点があります。

短期・中期取引にはあまり向かない
シグナルが出てからでは遅い
 

バイナリーオプションでは、5分以下の取引をされてる方がほとんどだと思います。

『それじゃあ、ダウ理論は使えない』

騙しにあう

と思うかもしれませんが、ダウ理論を補助的な存在理解して 、

インジケーターと組み合わせて使うことによって効力を発揮します。

ダウ理論を常に頭の片隅に置いておくことでいわゆる「騙し」を回避でき

エントリーの基準が明確になり今後のトレードの勝率はアップするでしょう。 

ダウ理論提唱者:プロフィール

ダウ理論提唱者