ルンバs9の日本発売日はいつ?気になる方へ朗報

この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

ルンバs9の日本発売日はいつ?

ルンバs9の日本発売日がついに決定しました。

ルンバファンのみならず、世界中からその発売に注目されていました。

ずばり、ルンバs9の日本発売日は、2020年の2月28日に決定しております。

人気注目度が高いため、アイロボット社の販売代理店でさえ

あまり、数量を抑えることができていない様子。

発売日の2月28日に店頭に並ぶのは、数少ないかもしれませんね。

スポンサーリンク

今回、発売のルンバs9の特徴

ロボット掃除機のRoomba s9+は、

今までのロボット掃除機のデザインを一新し、

今までにない画期的なテクノロジーも搭載しています。

以下、アイロボット社公式HPより引用させてもらっています。

高度なナビゲーションテクノロジー

vSLAM ナビゲーションで毎秒230400以上のデータポイントを取得。そのデータで家の中の環境を詳細にマッピングし学習します。どこにいても現在位置を正しく認識、また清掃済みのエリアとこれから清掃するエリアも判別するので、効率良く働きます。

吸引力が40倍にパワーアップ*1

2020年2月28日発売日のルンバs9の吸引力 幅が30%も広くなった(*2)2本のゴム製デュアルアクションブラシは、カーペットでもフローリングでも床の表面に合わせて柔軟に対応。2本の内の一方のブラシが汚れを浮き上がらせてかき出し、もう一方のブラシが逆回転することでゴミをかき込み、40倍にアップした(*1)吸引力で、微細なゴミやペットの毛まで逃さず取り除きます。

 *1:AeroVac搭載のルンバ 600シリーズとの比較。 *2:ルンバ 900シリーズ、e5、i7との比較。

部屋の隅や壁際まで徹底的に

Perfect Edge テクノロジーにより高性能センサーが壁の位置を感知し、壁際までしっかり清掃します。ウルトラエッジデザインと特別設計されたコーナーブラシで、ゴミのたまりやすい部屋の隅や角まで入り込んで徹底的に清掃します。

ルンバs9のセンサー

Imprint(*1)スマートマッピング

家の間取りを学習して記憶するため、清掃する部屋やタイミングを思いどおりに指定できます。1階と2階の区別も可能。それぞれの部屋の状況に合わせて、各部屋に最適なパターンで清掃します。

 *1:iRobot HOME アプリを使用。

ルンバs9のスマートマッピング

クリーンベース(自動ゴミ収集機)

花粉やカビによるアレルゲンの99% をキャッチし、ルンバ本体のダスト容器に閉じ込めます。ゴミはクリーンベース内の密閉された紙パックへ排出。ダスト容器30杯分のゴミを収納できるので、数週間は掃除のことを気にかける必要はありません。

スポンサーリンク

アイロボット社とルンバの歴史

最近は、お掃除ロボットと聞いても「ふーん」という感じで当たり前に聞き流したりしています。

日本では、 お掃除ロボットといえば「ルンバ」と答える方が多いと思います。

「ルンバの製造元は?」

と現在、聞かれれば、誰でも「アイロボットという会社じゃない」

と返ってきますが、認知されるまでかなりの苦労があったようです。

製造元のアイロボット社の創設者は3人

  • ロドニーブルックス

  • コリンアングル(現在のCEO)

  • ヘレングレイナー

は元々、マサチューセッツ工科大学で人工知能を研究していた科学者です。

1990年にアイロボット社を設立し、今年ですでに30年が経っています。

ルンバを含むアイロボット社の家庭用ロボット掃除機は、

世界ですでに累計2000万台以上を販売しているそうです。

日本では、 AI機能と言う最新テクノロジーの定着が遅れていることもあって

10年以上経った2013年に日本国内でやっと100万台を突破しました。

ルンバの開発過程も、2002年初代ルンバの発売以来、様々な技術革新が行われてきました。

技術革新内容

2004年

部屋の大きさの判断、充電できる

2005年

スケジュール機能搭載
2007年

自動充電、掃除予約を向上させたルンバ500シリーズを発売

2011年

住まい環境に合わせてより丁寧に行動するシステムを搭載したルンバ700シリーズを発売

2012年

これまでよりコンパクトにしたルンバ600シリーズを発売
2014年従来の吸引力の5倍、精巣精嚢を最大50%向上させたルンバ800シリーズを発売
2015年

従来のセンサーに加えて、本体にカメラを搭載させ部屋全体の間取りを正確に把握するアイロボット社独自のナビゲーションシステム「アイ・アダプト」 を搭載したルンバ980を発売。スマートフォン/タブレット向けアプリケーション「アイロボット・ホームアプリ」からの操作が可能になった。

2017年ルンバが生まれてから15年目の節目の年に iRobot 社のお掃除ロボットは、累計販売台数が2000万台を突破。
2020年最新技術を結集させたルンバs9+を発売

これまでも、ロボット掃除機の最先端を走り、 世界の人々の手助けをしてきた

iRobot 社のロボット掃除機ですが、CEO のコリンアングルは

今回の最新ロボット掃除機「s9+」について公式サイトでこう語っています。

「 映画や本のようにロボットが当たり前にいるような未来を作りたい、そんな思いから私はアイロボット社を作りました。人の役に立つ実用的なロボットとしてルンバを開発し、30周年の今年、ついにルンバs9+が完成しました。 ルンバs9+は、吸引力が格段に上がり、目に見えないホコリや花粉も隅々まで吸い取るモンスターのようなロボットです。ルンバだけでなく家中のデバイスが指示を出すことなく思い通りに動いてくれる。それこそが私たちが想像する未来、スマートホームのあるべき姿です。その実現には空間認識やコンピュータービジョンなど、 iRobot が取り組んでる技術が重要になります。これからもアイロボットは、未来を発明していきます。ロボットの歴史はまだ始まったばかり。人のより良いパートナーとして、今はまだ夢にも思わないことを成し遂げるために、これからも挑戦を続けます。」

このコリンアングルの言葉でもわかるように、

今回の新商品ルンバs9+には、アイロボット社の最新・最高テクノロジーが

詰め込まれていると期待せざるを得ません。

ルンバを買うなら保証・サポート万全の国内正規品を。<公式サイト>