天神(てんじん)

この記事は約1分で読めます。

平安時代の延喜元年(901年)、

右大臣・菅原道真(天神さま)は左大臣・藤原時平のペテンにかかり、

大宰権師(だざいごんおそち)に左遷されてしまう。

 

旅の途中、四十川の水を鏡代わりに、きのうに変わる姿を嘆かれた。

そこから「水鏡天神」、または「容見(すがたみ)天神」と呼ばれ、庄(今の中央区今泉)に祭られていた。

慶長一七年(1612年)初代藩主:黒田長政が現在地(中央区天神1・水鏡天満宮)に移した。

 

なぜ移したかと言うと、これが鬼門(きもん)を鎮めるため。

陰陽道によると鬼門は東北の方角で、そこは鬼が出入るするから、神様を祀って鎮めなければならないということ

福岡城の東北に祀ったとされている。

 

天神さまの住む町だったから、「天神町」。

戦前派は、律儀に「テンジンノチョウ」と読んだが、戦後、人口の流動などで

西鉄電車の車掌さんが「テンジンチョウ」と呼ぶようになり、お次に

町名変更で「テンジン」と省略されたものが今の呼び名である。

 

いつも最後までお読みいただきありがとうございます。

今後ももっと福岡・博多の情報を載せていこうとおもっております。

応援や叱咤激励も受け付けておりますので何卒宜しくお願い致します。